株の買い方を学ぼう!〜資金はどのくらい?資金10万円からでも株取引できる?〜

スポンサードリンク

株取引を始めるとき、資金はどのくらいあればいい?

初心者が株の売買を始めようというとき、どれぐらいの資金を準備すればいいのでしょうか。たとえば預貯金が300万円あるとしても、それをすべて株に投資するのはリスクが大きすぎますから、まず100万円ほどで株取引を始めてみるのがいいでしょう。そして、一度に100万円分の株を買うのではなく、そのうち50万円ほどで、最初に買いたい株をいくつか購入して始めます。残りの50万円は気になる株が値下がりしたときにすぐ購入できるように口座にプールしておきます。

資金10万円でも株取引を始められる

100万円も準備できないという人は、資金10万円程度から株取引を始めることができます。資金10万円で株取引を始めるには以下のような選択肢があります。

●安く買える株を選ぶ
一般に「低位株」などと呼ばれる株は、株価が低く、かつ単元株数が100株、1000株で、購入資金が数千円から数万円程度です。単価が安い株にも優良銘柄が存在します。資金が少なくてすむこのような株を中心に投資をするという方法があります。

●ミニ株、単元未満株を買う
一般の株を買うときは、1000株、10000株などと単元株数が決まっています。たとえばA社の株は単元株数が100株だった場合、株価1500円のときに購入する場合は15万円となります。ミニ株とはこれを10分の1に分けて販売するもので、A社の株を15000円で買うことができます。単元未満株というのは、単元株数より小さい1株、10株などの単位での株取引のことです。ミニ株や単元未満株のシステムは各証券会社によって異なります。

低位株やミニ株を買うときも、手持ちの資金が10万円だったら、5万円ほどを最初の株購入に充て、残りの5万円くらいは手元資金としてプールしておいて、今後の「買い時」に備えるといいでしょう。

スポンサードリンク