初心者からFX投資を成功させるための第一関門とは?

スポンサードリンク

初めてのFX。成功するか失敗するかのカギとは?

FX取引を始めた人は1年以内に9割撤退するといわれています。個人投資家がFXで成功するは簡単なことではありません。では、FXで失敗しないための第一関門とは何でしょうか。それはズバリ、「会社選び」です。

株取引と違い、FXは会社によってツールが全く違う!株取引はどこのネット証券を選んでもそれほど大きな差がありません。しかしFX取引はサービスやツールが会社ごとに大きく違い、「できること」が違います。FXでは株よりもずっと会社選びが重要なのです。それは以下のようなポイントです。

1 FXでは「スピーディに約定できるか」が会社によって違う
激しく動く為替相場で成行注文をするとき、希望の価格で取引しようとしても注文が約定するまでの時間でレートが変動することがあります。これをスリッページといいます。スリッページの発生度合は会社によって大きく差があります。

 ツールや注文方法、サービスが会社によって違う
FX取引はシンプルですが、取引画面やツールはバリエーション豊富で、これも会社によって様々です。特に注文方法は会社ごとに全く違うといってもいいでしょう。また、「無料セミナー」などの教育の機会の提供も、会社によって充実しているところ、全くないところがあります。

3 会社によってオリジナルの自動売買ツールがある
FX取引はスピーディなので、初心者だと判断のスピードがなかなかおいつかない面があります。会社によってはその対策として開発された「自動売買ツール」を提供しています。ここまでくると、FX取引は会社ごとに全く違うサービスになっているといえます。自動売買ツールには「トラリピR」(マネースクウェアジャパン)、「ループイフダン」(ひまわり証券)、「トライオートFX」(インヴァスト証券)その他各種あります。

「自分に合った会社を選ぶ」ことが重要FX各社はそれぞれに違った特徴があります。重要なことは、自分のスタイルに合った会社を選ぶことです。うまくフィットする会社を選ぶことができれば、撤退する確率を大きく下げることができるでしょう。そのためにはデモ取引などを活用して、じっくりと慎重に、時間をかけて会社を絞り込みましょう。もちろん、会社を選ぶだけでなく、自分で勉強することも忘れずに。

スポンサードリンク