FX取引のリスクを小さくする5つの方法とは

スポンサードリンク

リスクを最小化しながらFX取引をする方法、あります

投資にリスクはつきもの、FX取引にもリスクがあるからこそ利益を得る可能性があります。でも、「大事な自分のお金だから、できるだけ失敗したくない」と思うのは当然です。FX取引でリスクを小さくする方法として、以下の5つが挙げられます。

1 証拠金の余裕金額を多くする
ポジションを持つ(1万通貨を購入する)ために必要なお金が10万円だった場合に、口座に残り2万円と、残り5万円では、ロスカットの可能性は後者の方が低くなります。損失が出ているときにロスカットされずに耐えられれば、その後利益を得るまで長期保有することができます。

2 レバレッジを低くする
レバレッジは25倍まで設定できますが、3倍、5倍程度におさえることで大きな損失の可能性が減ります。大きく儲かる可能性も減りますが、ロスカットを避けて長期で勝負することができます。

3 デモトレードで経験を積む
多くのFX取引業者では「デモトレード」、つまり買ったつもりで体験できるシミュレーションサービスを提供しています。「デモトレードで儲かったから本番もうまくいくとは限らない」とおう人もいますが、取引のしくみ、用語などをデモトレードで理解することはある程度安心材料となります。

4 100通貨、1000通貨から始める
FX取引は1万通貨が基本の単位です。しかし今は10分の1の1000通貨からの取引が可能な会社が増えています。投資金額が少額なら手持ちのお金で投資ができ、少ない証拠金でレバレッジを低くして取引をすることも可能です。

5 「システムトレード」を使う
FXを取り扱う各社では、それぞれが独自の「自動注文システム」を提供しています。システムトレードの最大のメリットは「熱くなって取引を失敗」のようなケースを避けられるということです。システムトレードは高度に専門的なものから初心者にもわかりやすい自動注文的なものまでさまざまな種類があります。

スポンサードリンク