【FX商品の選び方】通貨ペアとは

スポンサードリンク

FX取引で取引の対象となるのが「通貨ペア」

世界中の国が違う通貨を使い、国と国との2国間では通貨を交換する比率である「為替レート」が存在します。通貨ペアとは2つの通貨の組み合わせのことで、その通貨ペアの為替レートが取引対象となります。いわば、FX取引における投資商品が通貨ペアというわけです。

通貨ペアの中心は「円」「ドル」「ユーロ」など

世界には多くの通貨がありますが、FX取引の対象になるのは世界の中で流通量の多い通貨が中心です。個人投資家が取引をする場合には、まず「円」「ドル」「ユーロ」が中心となります。具体的には、「ユーロ/円」「ドル/円」「ユーロ/ドル」が対象です。その次に選ぶのは、「カナダドル」「オーストラリアドル」「スイスフラン」「イギリスポンド」などとの組み合わせです。「スイスフラン/円」「イギリスポンド/円」などに投資をする人もかなりいます。

「南アフリカ・ランド」「トルコリラ」などのマイナー通貨ペアの魅力は「スワップポイント」

上記に紹介したような通貨ペアは、一般的なFX業者のほとんどで取り扱っています。そのほかに、「南アフリカランド」「トルコリラ」などの世界的にはマイナーな通貨のペアも購入できます。マイナー通貨はスワップポイントが高いのが魅力です。スワップポイントとは保有している通貨が生む金利のことです。スワップポイントは基本的に毎日受け取れますが、ランドやトルコリラ、オーストラリアドルなどはこの金額が高くなります。

初心者はメジャーな通貨ペアのほうが安心

FXを始めるならまずは馴染みのある「ドル/円」「ユーロ/円」などがおすすめです。スワップポイントが少ないというデメリットはありますが、メリットとしては以下が挙げられます。
・取引量が多いので乱高下が少なく、リスクも小さい
・主要通貨なので情報量が多い
・スプレッドがお得
・世界経済、金融の基本を学べる

というわけで、まずはメジャーな通貨の取引で経験を積んで、慣れてきたら「ランド」や「フラン」でスワップポイント狙いにもチャレンジしていってはいかがでしょうか。

スポンサードリンク