FXは少ない資金でできるのが魅力

スポンサードリンク

FXの特徴は「レバレッジ」

株などと違うFX取引の大きな特徴は、「レバレッジ」です。レバレッジとは直訳すると「てこ」のことです。FX取引のレバレッジの上限は25倍です。これは、元手となる資金が10万円だった場合、最大で250万円分の通貨を売買できるということを意味します。FX取引を開始するときには、証拠金として自己資金を預託しますが、これが担保のような位置づけになります。

FX通常取引「1万通貨」を25分の1の資金で取引できる

FX取引では通常、取引は1万通貨が最低ロットとなっています。1万通貨とは、米ドルなら1万ドルとなり、円で買う場合は為替レートが110円の場合110万円となりますが、レバレッジ25倍にすると約44000円の資金があればOKということになります。ただし、レバレッジ25倍の場合はリターンと同時にリスクも最大となります。

リスクを減らすには、レバレッジを下げるか取引単位を下げる

慣れないうちはリスクをできるだけ少なくしようということであれば、レバレッジを5倍、10倍など低めに設定する方法と、取引する通貨単位を100通貨や1000通貨にするという方法があります。小さい単位の取引は特定のFX業者で取り扱っています。

円高、円安、どちらの場合にも利益が得られる

株の場合は下落するときには普通の売買では利益を出せません。しかし、FX取引では為替レートが二つの通貨間でどちらの方向に推移しても差益を得ることができます。「通貨を買って、価格が上昇したら売る」という取引をロング、「通貨を売って、下落したら買う」という取引をショートと呼びます。景気が悪い時期でも為替は常に動いていて、そこには常に投資チャンスがあるというのがFXの特徴です。

スポンサードリンク