投資信託のリスク

スポンサードリンク

投資信託には当然リスクもあります。どのようなリスクがあるのでしょうか。投資信託は銀行預金と違い、解約時に元本が保証されていません。投資信託は値動きのある株式や債券に投資するものです。でも、「リスク」はこのような元本割れをする「危険性」のみ指すわけではありません。
投資信託の「リスク」とは、悪いことばかりを指すわけではなく、投資信託の値段である基準価額が上がったり下がったりするその「ブレの大きさ」を指します。投資信託の主なリスクは「価格変動リスク」、「為替変動リスク」、「金利変動リスク」、「債務支払不能リスク」があります。

価格変動リスク

株式や債券などの価格の値動きによるリスクです。株式の場合、景気が悪化すると株価も基準価格も下落し、景気が改善されると株価も基準価格も上昇します。反対に債券は景気が改善されると債券価格も基準価格も上昇し、景気が悪化すると債券価格も基準価格も上昇します。

金利変動リスク

金利の上昇・下落により、債券の価格が影響を受けるリスクです。金利が上昇すれば債券価格と基準価格は下落します。反対に、金利が下落すれば債券価格と基準価格は上昇します。

為替変動リスク

外国株式や外国債券など、外国資産に投資する投資信託には為替変動リスクがあります。円高になると基準価格は下落し、円安になると基準価格は上昇します。

債券支払不能リスク

債券を発行している政府や会社が元本の支払いや利払いが不可能になるリスクです。

スポンサードリンク