投資信託とは

スポンサードリンク

投資信託とは複数の投資家から集めた資金を一つのファンド(基金)にまとめ、それを元本保証の無い株や債券、不動産などに投資、個別に決済する金融商品です。運用はファンドマネージャーと呼ばれる投資のプロが行います。投資信託の運用成績は市場環境などによって変動します。
投資信託の運用がうまくいって利益が得られることもありますが、反対に運用がうまくいかず投資した額を下回って、損をすることもあります。このような投資信託の損益は、それぞれの投資額に応じてすべて投資家に帰属することとなります。

投資信託の仕組み

投資信託は「投資信託運用会社」で作られ、「販売会社」を通じて販売されます。そして、資産管理を専門とする、「信託銀行」に保管される仕組みになっています。このように投資信託は、販売・運用・資産の保管などの業務を行う各々の専門の機関が役割を果たすことで成り立つ金融商品です。次に「販売」「運用」「資産の保管」を行う各機関の役割を説明します。

販売会社の役割

投資信託の販売は証券会社、銀行、郵便局などが行います。投資家ごとの口座を管理し、投資信託の販売や換金、分配金・償還金の支払いなどを行います。また、投資家のさまざまな相談にも応じます。

投資信託運用会社の役割

運用会社では、経済・金融情勢などのデータを収集・分析し、専門家が信託財産をどの資産にどうやって投資するのかを考え、信託銀行に対して運用を指図します。このように投資の実行を、お金を管理している信託銀行に指図することを運用指図といい、運用会社がその権限を持っています。投資信託を作り、運用する運用会社は投資信託において最も重要なポジションであると言えます。

信託銀行の役割

投資家から集めた資産を保管・管理します。信託銀行は運用会社からの運用の指図に従って、株式や債券などの売買や管理を行います。なお信託銀行では、投資家から集めた信託財産を自社の財産とは区別して保管・管理しています。

スポンサードリンク