リスクとリターンの関係

スポンサードリンク

「資産運用はしてみたいけど、投資で損はしたくない」、そう考えている人は多いと思います。投資商品は高い利回りが期待できるものは、それだけ損失した時の金額も大きく、また利回りが低いと、その分損失のリスクが少ないものです。このように投資商品には「リスクとリターンの関係」があります。リスクとリターンの関係は次の3つに分けられます。●ローリスク・ローリターン ●ミドルリスク・ミドルリターン ●ハイリスク・ハイリターン次にこれらについてそれぞれ説明します。

ローリスク・リターン

まず、ローリスク・ローリターンの商品は損失が発生する可能性は少ないけれど、儲けもその分少ない金融商品になります。これはすなわち、安全性が高いということになります。ローリスク・ローリターンの商品には個人向け国債やネット定期があります。これらの商品は満期まで保有すれば、元本割れするリスクはありません。しかし、資金が2倍、3倍に増えるということもありません。
しかし、普通預金よりは着実に資金は増やすことができます。今でも資産を普通預金に入れっぱなしという人には、このようなローリスク・ローリターンの投資商品からスタートするとよいでしょう。

ミドルリスク・ミドルリターン

ミドルリスク・ミドルリターン商品は、お金を増やせるけれども、その一方で、損失が発生する可能性が多少はある商品になります。MMFやMRF、外貨MMFや外貨預金がこの分類の商品になります。これらの商品は資金を増やせる可能性がありますが、元本保証はありません。

ハイリスク・ハイリターン

ハイリスク・ハイリターン商品は、お金を大きく増やせる可能性がありますが、されに比例して大きな損失が発生する可能性もあります。外国株式がハイリスク・ハイリターンの商品の代表です。

スポンサードリンク