世代別資産運用の考え方

スポンサードリンク

人生においてお金がかかると言われる3つの時期があります。それは「マイホーム購入」、「子供の教育費」、「老後資金」です。
一口に資産運用と言っても、あなたが今、人生のどの時期にいるのかによって資産運用の考え方は違ってきます。つまり、世代別に資産を必要とする目的も時間も違ってくるということです。ですから、資産運用は世代別に考える必要があると言えましょう。

20代

収入はさほど多くない代わりに、自由に使えるお金の割合が多い時期。しかし、若い人達には時間という財産があります。時間があるので、中長期的な運用も可能となります。資産を運用するために必要な要素は、「元本」「利回り」「期間」の3つです。若い人達は元本はそれほど多く用意することができないかもしれませんが、「期間」においては圧倒的に有利です。同じ目標額を達成するのであれば、運用期間が長ければ長いほど、利回りは低くてすむからです。また、反対に同じ利回りなら、運用期間が長いほど毎月の積立額は少なくてすみます。

30代・40代

子供の出産や教育、住宅ローンの返済など支出が多い時期です。毎月の支出に追われがちな世代ですが、子供の将来や自身の老後のための準備もしておくことが望ましいでしょう。安全性を重視して中長期的に着実に殖やしていける投資信託を組み合わせることをお勧めします。

セカンドライフ間近な世代

老後の生活は、月日が経過するとともに資産が減少していくという、時間とお金の帳尻を合わせていくことになります。そのために、資産を安全に管理していく工夫が大切です。元本割れや大きな損失があるような商品は避けるとよいでしょう。

スポンサードリンク