金利の考え方

スポンサードリンク

複利と単利

資産運用を考える上で「複利」か「単利」かは大変重要なことです。複利とは元本に利息を足し合わせたものを新たな元本として利息を計算することです。単利は元本のみに利息がついていく方式です。では、「複利」と「単利」ではどのように資金の増え方は違ってくるのでしょか。具体的に説明したいと思います。例えば、100万円を年率5%で運用したとします。5万円×20年=100万円で20年後には200万円になる計算になります。これが複利だと1年後には元本は100万円+5万円=105万円となります。この元本に5%の利率がかかるわけですから、52500円となり、2年後には105万円+52,500円=1,102,500となります。これを20年続けると複利では約265万円になります。

数%で将来が大きく違う

たとえば今、100万円を持っていたとします。これを年利1%の定期預金に預けた場合、例え複利でも20年後には122万円になります。これが2%で20年間運用した場合は約148万円になります。さらに、3%で20年間運用した場合は約180万円になります。さらに運用利回り5%で20年間運用できた場合、100万円は約265万円になる計算となります。たった数%の違いですが、資金の増え方にはこれだけの差が出てきます。また、金利の差は運用が長期になればなるほど、その差が大きくなってきます。
ここで余談ですが、『72の法則』をご紹介します。元金を2倍にするのにどれくらいの年数がかかるのか?それを簡単に計算する方程式のようなのもがあります。それが『72の法則』です。例えば金利が3%のは場合、72÷3=24となり、24年になります。例えば、0.02%の金利だと72÷0.02=3600で3600年になります。今、普通預金にお金を預けて元本を2倍にするには3600年もかかってしまうなんて、ため息が出てしまいますね。

スポンサードリンク